新入社員2017

新入社員2017

石岡 裕將(イシオカ ユウスケ)

■出身校
東海大学/政治経済学部/政治学科
■配属先
制作本部/第五制作部/制作二課
■配属番組
日本テレビ「ニノさん」
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?
「この職業が一番笑いながら仕事をしている」という言葉を極東電視台の説明会で聞いた時にテレビ業界で働くことに興味を抱きました。その後、色々な業界を見ていくなかで、どの業界の企業の方も「楽な仕事なんて無い」「どの仕事も大変だ」というような事をおっしゃっていたので、「それなら好きで興味のある事を仕事にしたい」と思い、テレビ番組制作会社を志望することにしました。
Q.何故、極東電視台を選んだのか?
「どの仕事も大変だ」という仕事の中でも多忙なイメージのあるテレビ業界ですが、極東電視台の福利厚生や研修・スキルアップ制度が充実している点や、自分が毎週楽しみにしている番組を制作しているという点に魅力を感じ、採用試験を受けることに決めました。
また、スタッフブログから伝わるあの温かい雰囲気が、実際にお会いした社員さんからも同じように伝わってきたことも、ここで仕事がしたいと思う決め手になったと思います。
Q.自己PR
自分よりも負けず嫌いな人がいるなら譲ってしまうようなタイプの性格ですが、仕事に関しては強気で積極的に行こうと思います。
公私ともにたくさんの事を経験し、成長して早く戦力になれるよう頑張ります。
石岡裕將

新入社員2017

岩井 香奈依(イワイ カナエ)

出身校
ノートルダム清心女子大学/文学部/英語英文学科
■配属先
制作本部/第二制作部/制作一課
■配属番組
日本テレビ「有吉ゼミ」
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?
私は自分のアイデアを人々に提供できるようなクリエイティブな仕事に憧れがありました。もともと音楽をしていて、人と協力して何かを作り上げるという過程の大変さや楽しさ、人々に感動や喜びを与えることのやりがいを実感しました。私の大好きなテレビという大きな影響力のある媒体によって日本中を楽しませていきたいです。
Q.何故、極東電視台を選んだのか?
『モヤモヤさま~ず』が好きだったのがきっかけで、極東電視台を知りました。他にも『イッテQ!』や『マツコ会議』などロケが中心の番組が多く、日本中、世界中のあらゆるところに出向いて面白いものをつくっているところに魅力を感じました。
また、会社の経営理念や社員の方々の人柄や会社の雰囲気にも惹かれました。
Q.自己PR
様々なことに興味のアンテナを働かせ、好奇心旺盛に何事にもタフに挑戦していきます。
まだまだ未熟な点も多くあると思いますが、謙虚な気持ちで一生懸命吸収していこうと思います。
岩井香奈依

新入社員2017

大久保 薫子(オオクボ カオルコ)

出身校
明治大学/情報コミュニケーション学部
/情報コミュニケーション学科
■配属先
制作本部/第四制作部/制作一課
■配属番組
ひかりTV「モデルプレスナイト」
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?
やはりテレビが大好きという一言に尽きます。家族とテレビを観て笑いあえる時間が幸せです。
また、私は幼い頃からクラシックバレエを習っていたのですが、表舞台を陰で支える裏方の仕事にも興味がありました。
テレビが大好きで、裏方の仕事に憧れを持っていた私にとって、テレビ制作の仕事はいつしか大きな目標となっていました。
Q.何故、極東電視台を選んだのか?
きっかけは大学3年の夏に参加したインターンシップです。
ひとつの番組ができていく過程を目の当たりにし、番組制作のおもしろさを学ぶことができました。
さらに、社員の皆さんの仕事に対する真摯な姿勢と人柄のよさに触れ、ここで働きたいと強く思いました。
Q.自己PR
自他共に認める真面目さんです。だからこそ中途半端が嫌いで、何事も最後までやりきる力があると自負しております。
これから様々なことを経験すると思いますが、自分の持つ強みを活かして、頑張りたいと思います!
大久保薫子

新入社員2017

北野 裕馬(キタノ ユウマ)

出身校
國學院大學/経済学部/経済学科
■配属先
制作本部/第一制作部/制作一課
■配属番組
日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?
社会人になったら人を笑顔にできる仕事を生きがいにしたいと考えながら就職活動を始めました。
人を楽しませるために真剣に取り組むことが仕事であるテレビ番組制作会社。ここで人生を歩みたい。ここで働くことを自身の生きがいにしたい。その一心で選びました。
Q.何故、極東電視台を選んだのか?
私は普段から感覚で物事を判断するタイプです。
極東電視台を志望した理由。一つ目は社員の人たちが魅力的であると私自身が肌で感じられた点。二つ目は携わっている番組において、イジリによる笑いでも嫌な感じがしない、何と言えばよいのか、幸せな笑いが起きていると感じた点。
以上二つの理由から、極東電視台を志望することになりました。
Q.自己PR
私は周囲の人からよく、前向き、ポジティブと言われます。
また、人と接することが好きな性格です。これらを活かし、周囲の人たちを巻き込み、たとえ遠回りや一旦停止をしたとしても、しっかり前を向いていることのできる人になれるよう誠心誠意つとめていきたいと思っております。
北野裕馬

新入社員2017

佐々木 あやめ(ササキ アヤメ)

出身校
国際教養大学/国際教養学部/グローバル・スタディズ課程
■配属先
制作本部/第二制作部/制作二課
■配属番組
日本テレビ「誰だって波瀾爆笑」
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?
就職活動の際、毎日が新鮮で興味を持ち続ける事ができ、やりがいを感じる仕事を探していました。当初は全く別の業界を見ていましたが、極東電視台のサイトを見て身近な存在であるテレビ番組を制作する事に興味を持ち始めました。海外のテレビもよく見ますが、その中でも日本のバラエティー番組のユニークさや面白さはずば抜けていると思います。この番組のおかげでまた一週間を乗り切れる!頑張れる!そんな想い・影響を人々に与えたいと思うようになりました。
Q.何故、極東電視台を選んだのか?
毎回欠かさず見ている「世界の果てまでイッテQ!」、「櫻井・有吉THE夜会」、「有吉ゼミ」、「メレンゲの気持ち」等、好きな番組を数多く制作している事で興味を持ちました。テロップのセンス、演者さんと制作スタッフの信頼関係を番組内で垣間見る事ができ、会社説明会では社員の皆さんの雰囲気に魅了されました。また、小さい頃の夢だった「日本と海外の架け橋」となり、世界規模で幅広い業務に携わる事が出来るという点にも大きな魅力を感じました。
Q.自己PR
偏見を持たずに常に様々な事に興味を持つようにしています。
また、芯も強く、粘り強く挑戦し続ける熱い一面もあります!
精一杯頑張りますのでどうぞ宜しくお願い致します。
佐々木あやめ

新入社員2017

澤田 真穂(サワダ マホ)

出身校
ビジュアルアーツ専門学校/映像音響学科
■配属先
事業本部/技術部/編集課(株式会社エスユーへ在籍出向)
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?
私の家では家族団らんの時に喧嘩することが多く、よくしんみりした空気でご飯を食べていました。
ですが、団らんの場にはいつもテレビが付いていて喧嘩も忘れるぐらいの笑いで自然に仲直りできていました。家族団らんが賑やかになる、みんなで笑いあえる面白い番組制作の一員になりたいと思ったからです。
Q.何故、極東電視台を選んだのか?
楽しそうな会社だなと思ったからです。ホームページもかわいいキャラクターがたくさんいて、ブログを見ても社員さん一人一人が楽しそうに働いていることが伝わってきました。
あと、私の家で見る番組が多かったからです。自分の見ていた番組に私も携わりたいと思ったからです。
Q.自己PR
面白いこと楽しいことが大好きです。どんなことでも全力で楽しめるようにしています。一緒に働いて楽しい面白いと思ってもらえるようにがんばります!
澤田真穂

新入社員2017

ジッティウティカン タナラット

出身校
日本映画大学/映画学部/映画学科/ドキュメンタリーコース
■配属先
制作本部/第二制作部/制作二課
■配属番組
テレビ東京「さまスポ」
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?
大学に入った時から、将来は映像制作関係の仕事に就きたいと思っていました。映像制作といっても色んな種類があり、その中でテレビ番組制作を選んだのは一番面白そうだなという純粋な考えと、多くの人たちに笑顔を届けられる、感動を与えられる仕事がしたいと思ったからです。
Q.何故、極東電視台を選んだのか?
就職活動では様々な会社の企業情報や採用情報を見て調べてきましたが、極東電視台のユニークな色に一目惚れしました。仕事内容や社風などにとても魅力を感じて、この職場なら自分は成長していけると思いました。たくさんの制作会社がある中で、“この会社で働きたい!”と唯一思わせてくれたのが極東電視台でした。
Q.自己PR
“たとえ叶わなくても、自分の夢は死ぬまで一生追い続ける。” 
そういう人生を歩んでいきたいです。仕事に全力を尽くし、負けない精神でこれからも一歩ずつ、自分の目標に向かって、前へ進みます。
ジッティウティカンタナラット

新入社員2017

田島 明日香(タジマ アスカ)

出身校
東洋大学/国際地域学部/国際地域学科
■配属先
制作本部/第三制作部/制作一課
■配属番組
日本テレビ「メレンゲの気持ち」
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?
ただ単にテレビが大好きだったからです!就活の時期になり色々な職種を考えましたが、どれも自分の興味をそそられるものはなく、テレビしか興味がそそられませんでした。
Q.何故、極東電視台を選んだのか?
まず最初は「イッテQ!」をやっている会社だということで知りました。その後選考を受けるたびに、極東電視台に入りたいという気持ちが強くなりました。たぶんそれは、極東電視台の方達と話をしていく内に生まれたものだと思います。結構な回数の面接などがあったので、私が内定を頂けるなんて光栄でした。極東電視台の一員として頑張ります!
Q.自己PR
テレビに関する学校に通っていたわけではないので、技術や知識はありませんが、私の強みは元気で明るいところと、中学高校とスポーツ系の厳しめの部活に入っていたので、根性があると思います!よろしくお願いします!
田島明日香

新入社員2017

長島 大輔(ナガシマ ダイスケ)

出身校
尚美学園大学/芸術情報学部/情報表現学科/
音響フィールド
■配属先
事業本部/技術部/音声課
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?
我が家では、小さい頃から家族がそろって食事をする決まりで、その話題の中心にはいつもテ
レビがありました。テレビを通していろいろな情報や感動にふれ、家族と会話し大声で笑い合う時間が大好きでした。
進路に悩み自分は何がやりたいのか考えていた時に、多くの人を楽しませ夢中にさせることができるテレビ番組制作がしたいと強く思うようになりました。
Q.何故、極東電視台を選んだのか?
会社説明会での紹介VTRや面接を通じて、働いている方がとても明るく面白い方がいっぱいで、一緒に働きたいと思うようになりました。また現場に出て行く仕事は魅力的で、世界中の文化に触れることができると考えたからです。その場所でしか起こらない笑いや奇跡を、テレビを通して極東電視台から視聴者に届けたいです。
Q.自己PR
私が心がけていることは、物事に対して最後まで諦めずに積極的に行動することです。目の前にある問題の一つ一つに、妥協することなく誠実に取り組んでいきたいと考えています。
社会人になってからもこの気持ちを忘れることなく、テレビを制作する最前線の現場に立ち、面白いコンテンツを追求する一員として働きたいです。

長島大輔

新入社員2017

中村 知佳(ナカムラ チカ)

出身校
熊本県立大学/文学部/英語英米文学科
■配属先
制作本部/第一制作部/制作二課
■配属番組
テレビ東京「モヤモヤさまぁ〜ず2」
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?
昔から、「テレビのことは知佳に聞けば何でもわかる」と言われるほど、朝から晩までずっとテレビを観ては夢を描いている子でした。そこから、いつか私もテレビを作る側になって誰かに夢を与えたいと思うようになったからです。
また、熊本地震で周囲が暗い雰囲気になっていた時、バラエティー番組を観て笑顔になる家族や友人をみて、どんな時でも笑顔を届けられるバラエティを作りたいと強く思ったことも、テレビ番組制作を選んだ大きな理由です。
Q.何故、極東電視台を選んだのか?
大学3年生の時に、夏のインターンシップに参加させて頂いたことが大きな決め手でした。そのときに、極東電視台の方々の温かい人柄と、どこまでも真剣に「おもしろい」を追求している姿に惹かれました。また、「仕事が楽しい」と誇りを持って話す社員の方々に憧れたため、そんな方々と一緒に仕事がしたいと思い、志望しました。
Q.自己PR
チャームポイントは、絶えない笑顔と、たまに出す熊本弁です!この肥後っ子の明るさを常に持って、どんな大変なことも「楽しい」に変えて生きています。日本全国、いや、全世界を笑顔にできるような、皆さまに愛される番組をいつか作ってみせます!
頑張るばい!

中村知佳

新入社員2017

藤井 里帆(フジイ リホ)

出身校
北海学園大学/経営学部/経営学科
■配属先
制作本部/第二制作部/制作一課
■配属番組
日本テレビ「マツコ会議」
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?
1番の理由は、テレビが大好きだからです。
私は小さい頃、テレビを面白くしているのは芸人さんや、出演者の力量によると思っていました。でもよく見ていると面白い場面では必ずぴったりな効果音、テロップが流れていて、そうやって面白い番組作りをしているのがテレビ番組制作会社だと知りました。いつか自分も「面白い」を届ける側になりたいという思いと、やるからには自分の好きなこと・やりたことを頑張りたかったので、テレビ番組制作会社を志望しました。
Q.何故、極東電視台を選んだのか?
私が初めて極東電視台を知ったきっかけは、大好きな番組「世界の果てまでイッテQ!」でした。
バラエティー番組をメインに制作していて、「イッテQ!」の他にもよく観ていた番組を多数手がけていること。選考を重ねるにつれて感じた、温かい会社の雰囲気・人柄。なによりも様々なご縁があり、数あるテレビ番組制作会社の中でも私は、自分も極東電視台の一員としてテレビを通し、もっとたくさんの人に笑顔を届けたいという強い思いが決め手となりました。
Q.自己PR
持ち前の【粘り強さ】と【笑顔】で、楽しむ心も忘れずに1つ1つ吸収しながら自分の引き出しを増やしていきたいです。
わからないことだらけですが、自分に出来ることから全力で挑戦します!!精一杯頑張りますのでよろしくお願いします。
藤井里帆

新入社員2017

堀内 春菜(ホリウチ ハルナ)

出身校
大妻女子大学/人間関係学部/人間関係学科/社会学専攻
■配属先
制作本部/第五制作部/制作一課
■配属番組
テレビ東京「にちようチャップリン」
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?
昔からテレビが大好きだったからです。世の中に娯楽はたくさんありますが、テレビは1人でも家族とでも友達とでも楽しむことができます。小さい頃から沢山の楽しみをくれたのはテレビだったので、自分も誰かの為になるような番組に関わりたいなと思ったのがきっかけです。
その中でもより現場に関わる仕事ができるのは制作会社だと知り、就職活動の際にはバラエティー系の制作会社ばかり受けていました。
Q.何故、極東電視台を選んだのか?
番組のスタッフロールなどで会社名に見覚えはあったのですが、改めて、バラエティー番組を作っていることと自分の好きな番組を作っていることから調べた結果極東電視台にたどり着きました。「モヤモヤさまぁ〜ず2」をはじめ、作っている番組の雰囲気が好きなのでここだ!と思いました。海外展開していたり部署がたくさん分かれていたりと、他の制作会社にはあまりない感じも魅力的でした。
Q.自己PR
面白いものを見たり、知らない場所に行ったりすることが大好きです。憧れの業界で働けるのがとても楽しみなので、周りの先輩方からたくさん学んで少しでも仕事を任せていただけるように頑張りたいです。
あまり先頭を切って行くタイプではありませんが、体が小さいので小回りを利かせて、楽しむことを忘れずにやっていきたいと思います。

堀内春菜

新入社員2017

松野 夢(マツノ ユメ)

出身校
経専音楽放送芸術専門学校/音楽放送科/テレビ番組制作専攻
■配属先
事業本部/技術部/音声課
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?
幼い頃からテレビが大好きで、家族からは“歩く番組表”と言われるくらい毎日テレビ欄を見ていました。
学生時代は、アルバイトに忙しくなってしまい、テレビを観る時間が削られていき、自分が好きな時間がなくなってしまう悲しみを感じた事からテレビ業界に入ってテレビを作る側、現場を見れる側として働きたいと思い選びました。
Q.何故、極東電視台を選んだのか?
多くの人気番組を手掛けており、これからも目に見えない沢山の人を笑顔にする事ができると感じ、とても惹かれました。
私自身様々な場所、沢山の人と関わりそのお手伝いがしたいと思ったからです。
Q.自己PR
根拠のない自信と小さな事でも楽しむ事ができる性格でずっと生きてきました。
多くの人と関わる事で自分にないもの、良いところを素直に吸収して、より一層自分を高めていく向上心があります。
松野夢

新入社員2017

若山 春奈(ワカヤマ ハルナ)

出身校
多摩美術大学/美術学部/彫刻学科
■配属先
事業本部/技術部/編集課(株式会社エスユーへ在籍出向)
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?
テレビが好き、音楽や映像を見るが好き、何かを作ることが好き、好きなものを作っていられるという環境に身を置きたくて映像制作に携わる仕事を選ぶことに時間はかかりませんでした。
多くの人の目に留まるものの制作に関われる、という魅力も大きく、テレビ制作会社を選びました。
Q.何故、極東電視台を選んだのか?
テレビや映像の制作に携わりたく、その業種で調べていて最初に目に止まったのが極東電視台でした。
その中で制作している番組一覧に「世界の果てまでイッテQ!」があることを知りました。番組で訪れる山、海、ジャングル、海外などの未開の地で行われたおもしろい映像が次々と頭に浮かんだのですが、まず仕事を探す上で一番初めに敬遠したのも極東電視台でした。
仕事や業界について調べていくうえで、別にジャングルに行かなくてもいいんだ、謎の土地の謎の祭り謎の儀礼もやらなくても大丈夫な業種もあるんだ、と知りました。
この会社で面白いものを作っている人のサポートができ、自分達の携わったものが多くの人に笑ってもらえたら最高だと思い、極東電視台を選びました。
Q.自己PR
両親が柔道家で兄がお相撲さんのごく一般的な美大生のつもりでした。そこまでポピュラーなケースではないことを最近知りました。なので体だけは頑丈です、投げられても投げられても立ち上がる気力と体力は誰にも負けないと思います。むしろ投げられる前に投げてやる、という勢いと気持ちを大切にしたいと思います。よろしくお願いします。
若山春奈

このページのトップへ

COPYRIGHT © THE FAR-EASTERN TV ENTERTAINMENT.INC. ALL RIGHTS RESERVED.