新入社員2019

新入社員2019小見出し

相澤夢乃

相澤 夢乃(アイザワ ユメノ)

■出身校
立教大学/社会学部/メディア社会学科
■配属先
制作本部
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?


自分が関わった映像作品で、多くの人の心を動かしたい、多くの人を笑顔にしたい、新しい出会いを届けたいと思ったからです。合唱、吹奏楽、オーケストラといった音楽活動を経験してきて、仲間と協力して作品を作り、自分が関わった作品で誰かが喜んでくれることに最も幸せを感じることに気付き、それを仕事にできたら幸せだなと思いました。また、幼い頃からお笑い番組が大好きで、自然と面白いことを考えることが好きになり、テレビの面白さを多くの人に伝えたいと思うようになりました。


Q.何故、極東電視台を選んだのか?


「この会社で面白い番組を作り続けたい」と思ったからです。私のお笑いファンとしての人生を変えた番組を制作していたということ、人気番組を多く制作していることから、第一志望の会社として入社を目指し、就職活動を始めました。そして、映像の作り手として成長できる環境がどの会社よりも整っていると感じたこと、選考を受ける中で多くの先輩方とお話しし、一緒に働きたいと心から思ったことが、極東電視台を選んだ背景です。


Q.自己PR


自他ともに認める「素直な人間」です。そして、好きなこと、楽しいこと、面白いことにとことん進んでいきます。くよくよせず、何事にもポジティブに向き合うところも私の強みです。
いつも笑顔と感謝の気持ちを忘れずに、視聴者の方々に「また見たい!」と思って頂ける企画や番組を作れるよう、一歩ずつ頑張っていきます!
宜しくお願いいたします!

新入社員2019小見出し

會津菜々

會津 菜々(アイヅ ナナ)

■出身校
桜美林大学/リベラルアーツ学群/国際関係専攻
■配属先
事業本部/技術部/撮影課
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?


色々な撮影ができると思ったからです。厳しい面もある業界ですが、面白さや人に何かを伝えるという面では一番長けていて、色々なことに挑戦できると感じています。また私は色々な撮影にチャレンジし、今までにない画を撮ってみたいと思っています。だからこそテレビという撮影のプロがいる舞台で勝負し、多くの人に見てもらい感動してもらいたいです。


Q.何故、極東電視台を選んだのか?


カメラマンになる上で、制作スタッフとのやりとりがとても重要であると思い、制作と技術が一緒の極東電視台を選びました。制作スタッフの思いを形にすることが、テレビを作る上で技術スタッフのとても重要な役目であると思っています。またバラエティーだけでなく様々な仕事の経験を持った先輩がいるので、自分も色々な経験ができると感じました。先輩方の雰囲気もとても楽しそうで、「ここで一緒に働きたい!」と思ったのも選んだきっかけです!!


Q.自己PR


何事も楽しく真剣にやるこの業界がとても素敵だと思っています。自分もそこで常にわくわくドキドキしていきたいです。自然が好きでよくアウトドアを楽しんでいるので、重要な体力には自信があります。これからクリエイティブな世界に入るので、新しい発見や気付きを忘れずに頑張って行きたいと思います。宜しくお願い致します。

新入社員2019小見出し

岩下幸平

岩下 幸平(イワシタ コウヘイ)

■出身校
鹿屋体育大学/大学院体育学研究科
■配属先
制作本部
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?


私の母はよく「幸平は赤子の頃からテレビの前につれていけば、おとなしくみている子だった」と言います。三つ子の魂百まで。私は知らず知らずのうちにこの業界を目指していたのだと就職活動を通して気づきました。


Q.何故、極東電視台を選んだのか?


採用試験の時、面接官やリクルーターの方が私の話に耳を傾け笑ってくださったことが決め手でした。この面接の短い時間で一学生に強い印象を与えられる人達は、おそらく相当な自信にあふれている方に違いないと考え、極東電視台を選びました。


Q.自己PR


私は、今まで水泳をしてきました。その中で、周りの人に「センスがない」と言われたことが数知れずありました。しかし、その回数以上「根性がある」と言われてきました。この根性を“人の面白い”に役立てたいと考えています。

新入社員2019小見出し

小澤梨紗

小澤 梨紗(オザワ リサ)

■出身校
学習院女子大学/国際文化交流学部/日本文化学科
■配属先
制作本部
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?


テレビが好きでこの業界に興味を持ちました。就職活動の際に様々な業種の説明会などに参加しましたが、自分が一番働いてみたいと思ったのがテレビ業界でした。
あまり興味のない安定した業種よりも、自分が興味のある好きな分野を仕事にしたら、どんなに大変でも仕事が楽しいと思えると考え、テレビ制作会社を志望しました。


Q.何故、極東電視台を選んだのか?


自分が好きでよく見ている番組のエンドロールに極東電視台の社名があったので、受けてみようと思いました。各選考を受けていくと、面接前の緊張している私にいつも先輩方が話しかけてくださり緊張をほぐしてくれました。選考中からたくさんの方々にお会いできたので会社の雰囲気がよく分かり、人を大切にしている温かい雰囲気の会社だと感じ極東電視台を選ばせていただきました。


Q.自己PR


高校時代は海外で過ごし、東京とは真逆のド田舎で生活をしてきたので生命力の強さは誰にも負けません。様々なことにチャレンジし、たくさん成長していきたいと思っています。

新入社員2019小見出し

神子 塁

神子 塁(カミコ ルイ)

■出身校
日本大学/国際関係学部/国際総合政策学科
■配属先
制作本部
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?


私は小さい頃からテレビが好きで、いつもテレビの前で笑っていました。私は何かを企画したり、みんなで1つの事を成し遂げたりする事が好きなので、番組制作が自分に合っていると思った事が1つのきっかけです。そして、この業界を選んだからには多くの人々を笑顔に出来る番組を作っていきたいと思っています。その為にもまずは、目の前の仕事1つ1つに責任をもって取り組んでいきたいと思っています。


Q.何故、極東電視台を選んだのか?


様々な理由がありますが、1番大きな理由は、あこがれのディレクターさんがいるからです。私はその人から少しでも多くの技術を学び、その学んだ事を活かして自分のやり方で番組を作っていきたいと思い極東電視台を選びました。いつかは自分の作った番組をその人に認めてもらえるようなディレクターになりたいと思っています。


Q.自己PR


私は、自分の夢を実現させるためにこの業界を選びました。これからどんなつらい事やどんなに大きな壁にぶち当たっても自分の夢を諦めずに、一歩一歩成長していきたいと思っています。その為にもまずは、1つ1つ与えられた仕事に責任を持ち、ディレクターさんがスムーズに番組を作れるようにサポートできるアシスタントディレクターになりたいと思っています。

新入社員2019小見出し

久保田 葵

久保田 葵(クボタ アオイ)

■出身校
武蔵野美術大学/造形学部/映像学科
■配属先
制作本部
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?


大学の同級生たちが、自分の好きなことを突き詰めている姿を見て、私も負けていられないと思い、大学1年生の1月から就職活動をするまで、テレビ番組の制作会社でインターンシップとアルバイトをしていました。この道のプロになりたいと思い、制作会社を志望しました。


Q.何故、極東電視台を選んだのか?


ファミリー向けからニッチな内容まで、様々な種類のバラエティ番組に携わりたいという思いが強いためです。選考でお会いした社員の方々が、ただの学生である私の話もしっかり聴いてくださり、ここで働きたいと強く思いました。


Q.自己PR


物作りに対する情熱は強いです。中学・高校時代は美術部、大学は美術大学と、自由で変わった人々に囲まれて生きてきたため、人の面白さを引き出せるような番組を作れるようになりたいです。

新入社員2019小見出し

小平嗣満

小平 嗣満(コダイラ ツグミ)

■出身校
白鷗大学/経営学部/経営学科
■配属先
制作本部
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?


自分のつくったもので、人々に感動や笑顔が与えられる仕事に就きたいと思ったからです。


Q.何故、極東電視台を選んだのか?


面接を受ける前は人気番組を数多く持つ大きな制作会社という印象でしたが、面接を重ねていくに連れて働いている方々の温かさや優しさを感じるようになり、それが最後は決め手になりました。「この会社で働きたい」から「この方達と働きたい」に変わっていきました!!


Q.自己PR


大学のゼミナールでは、VR・ドローン・モーションキャプチャ・プロジェクションマッピングなどの最新機器を活用して学習してきました。常に時代の変化に対応し、極東電視台に新しい風を吹き込めるように頑張りますのでよろしくお願い致します。

新入社員2019小見出し

鈴木琴音

鈴木 琴音(スズキ コトネ)

■出身校
読売理工医療福祉専門学校/TVディレクター学科
■配属先
制作本部
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?


中学生の時、TBSの『さんまのSUPERからくりTV』の観覧に行き、初めてテレビを作っている現場を見て、テレビ制作という職業が夢となりました。そのため進学も専門学校を選び、制作会社に絞って就職活動も行いました。


Q.何故、極東電視台を選んだのか?


1dayインターンシップに参加した時、とても興味を持ち、魅力を感じました。制作されている番組も好きなものばかりで、第1志望の会社としてエントリーしました。


Q.自己PR


私の長所は「相手の気持ちを考える」ことです。相手に物事を言う前に、「自分が言われたらどう思うかな?」と考えてから言うようにしています。自分よりも相手を優先することができます。相談事や愚痴などいくらでも聞くことができるので、悩み相談の窓口になることがとても多いです。

新入社員2019小見出し

関根 蘭

関根 蘭(セキネ ラン)

■出身校
明治大学/商学部/商学科
■配属先
制作本部
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?


1人でも多くの人を元気づけたいと思ったからです!就職活動を始めるにあたり、何をしている時が1番やりがいを感じているかを考えた時、自分がしたことで相手が笑ってくれたり、喜んでくれたりする時だということに気がつきました。私はテレビを見ることで勇気をもらい、明日も頑張ろうと思うことができました。こんな風に思ってもらえるようなテレビ番組を作りたいです!


Q.何故、極東電視台を選んだのか?


理由は2つあります。1つ目は大好きな番組を制作していたからです!「世界の果てまでイッテQ!」「月曜から夜ふかし」は毎週必ず見る番組なので、自分の面白いと思う番組を制作している会社に入れば自分の作りたいものを作れると思いました。2つ目は人柄の良さです!就職活動中にも関わらず、アドバイスをくれたり、話しかけたりしてくれたことで入社後も様々なことを丁寧に教えてもらえると思いました。


Q.自己PR


「太陽もうらやむ明るさ」「こだわりの強さ」です!何事も前向きに積極的に取り組みます。その明るさで周りの雰囲気を良くすることができます。また、こだわりが強いので細かいところまで気がつくことができます。ファッションにも自分のこだわりを持っています。仕事を自発的に行うことで少しでも早くお力になりたいです。よろしくお願い致します!

新入社員2019小見出し

比留間 仁亮

比留間 仁亮(ヒルマ キミアキ)

■出身校
大東文化大学/経営学部/経営学科
■配属先
制作本部
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?


小さい頃からテレビが大好きで、暇さえあればテレビを見ていました。そのうちにテレビ番組を作ってみたいという思いが生まれ、番組制作の世界に飛び込む決心をしました。今までテレビから沢山の元気を貰ってきたので、自分も誰かに元気を届けることが出来る番組を作りたいと思っています。また、番組を通して出演者の方々の魅力や才能を世の中に発信するお手伝いもしたいと考えています。


Q.何故、極東電視台を選んだのか?


バラエティ番組で多数の実績を残していて、携わっている番組に自分の好きなものが多かったことや、会社説明会や選考での雰囲気に惹かれたことが大きな理由です。また面接を通して、学生1人1人を丁寧に見てくれていると感じ、極東電視台の一員として仕事がしたいと思うようになりました。


Q.自己PR


一度興味を持ったことに対しては、人一倍集中力を発揮することが出来ます。とにかく全力で取り組み、責任感を持って仕事に臨みます。よろしくお願いします!

新入社員2019小見出し

藤本大輝

藤本 大輝(フジモト ダイキ)

■出身校
関西学院大学/総合政策学部/メディア情報学科
■配属先
制作本部
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?


小さい頃から毎日テレビを見ないと気が済まないほど、テレビっ子でした。嫌なことがあっても、テレビ番組を見ていると忘れられるような力があると僕は思います。そして、テレビの世界に憧れを抱くようになった高校生の時に、たまたま業界でディレクターをされている方にお話を聞く機会があり、テレビ業界が憧れから目標に変わりました。


Q.何故、極東電視台を選んだのか?


就職活動中にたくさんの制作会社を受けましたが、その中でも会社説明会から選考を通して、1番現場のディレクターさんやADさんとお話をする機会を設けて下さったのが、極東電視台でした。その中で、自然とこの方々と一緒に働きたいと思うようになりました。自分がこれから同じ現場で働く可能性のある方々と事前に交流が持て、より多くの方が採用に関わっていることで、安心して入社できると感じたため、極東電視台を選びました。


Q.自己PR


体は小さいですが、子どもの頃から水泳・野球・応援団などを経験してきたため、中身は体育会系です。また、高校時代に所属していた応援団で、甲子園で応援団賞を受賞しました。また、大学時代に所属していたボランティアサークルでは、東北支援の一環として、福島の小学生と一緒に行うキャンプを企画しました。体育会系のガッツと、ボランティアの冷静さで頑張っていきます。

新入社員2019小見出し

細谷優帆

細谷 優帆(ホソタニ ユウホ)

■出身校
ビジュアルアーツ専門学校 大阪/放送・映画学科
/テレビ放送専攻
■配属先
制作本部
Q.何故、テレビ制作会社を選んだのか?


テレビが好きでこの業界で働きたいと思ったのがきっかけです。私は専門学校でカメラに触れる機会もあったのですが、番組の制作に最初から最後まで関わることの出来るところに魅力を感じ制作会社を志望しました。


Q.何故、極東電視台を選んだのか?


まず一番の理由は私が好きな番組を多く制作していた事です。私が観ている番組が沢山あり興味を持ったのがきっかけで、選考の時には多くの社員の方々とお話しさせて頂き、色々な質問にも答えて下さりとても温かい会社だなと思い、とても魅力的に感じたからです。


Q.自己PR


「元気良く!」「前向きに!」を常に心掛けて何事にも全力で頑張っていきたいと思います!よろしくお願い致します!

このページのトップへ

COPYRIGHT © THE FAR-EASTERN TV ENTERTAINMENT.INC. ALL RIGHTS RESERVED.