第一制作部

第一制作部からのコメント

第一制作部は「世界の果てまでイッテQ!」「内村てらす」「モヤモヤさまぁ〜ず2」などの番組を制作するバラエティー集団です。

私がテレビ業界で働き始めてはや18年。
ADとして業界に飛び込んだ時は携帯電話やメールなどもまだそれほど普及していませんでした。
それが今やスマートフォンで情報はすぐに手に入るしインターネットで番組も楽しめる。自分で作った映像を簡単に世界中の人に配信できる時代。

とはいえ、その間にやって来た仕事は
「懸賞だけで人は生活できるか実験…」
「アフリカでスワヒリ語のお笑いライブ開催…」
「炊飯ジャー片手に商店街で50杯のメシを食う…」
「何もない街をただブラブラする…」
「朝から晩までカメラを回して、笑いの神が降りる瞬間を撮る…」
などいかにもアナログ的なことばかり。

こんな感じのことを我々は真剣にやっているのです。
一見しょうもなさそうなことが時には感動を生み出したりもします。興味がある方、新しい感性を持った方、やる気なら誰に負けない方は当社まで!

制作本部 第一制作部 部長 我妻哲也
代表作:「モヤモヤさまぁ~ず2」「満天☆青空レストラン」
    「内村てらす」「笑神様は突然に…」
    「進め!電波少年」 など

第一制作部 部長 我妻哲也

第一制作部 副部長 円城寺剛

「富士登山」

「24時間テレビ富士登山企画」に携わったことで、これまで3度、富士山登頂を経験しました。
最初に登ったときよりも、その次。そして、3回目。回数に比例してどんどん楽に感じてきます。
ただ、登った時の感動はいつも変わらず、代え難いものです。

人生は時として登山に例えられます。
山あり谷あり。晴れたり、曇ったり。ときには病に倒れたり…。
いろいろなことがあります。

テレビ制作においてどこが頂上なのか、僕にはまだわかりません。
ただ、「登り続ける」ことが大切なのかも知れません。
継続にまさるもの無し。

最初は「早く帰りたい」と思う時もあるでしょう。しかし、経験があれば苦手なことでも、乗り越えて行けます。
テレビ制作を志す皆さん、一緒に頂上目指しませんか!

以上、登山に例えてみましたが、登るというよりスベってしまったのでは、ないか…と不安。
滑落注意。

制作本部 第一制作部 担当副部長 
制作一課 課長 円城寺 剛
代表作:「いろもん2」「内村てらす」
    「世界の果てまでイッテQ!」 など

今泉昌子

ALLロケ番組の「モヤモヤさまぁ~ず2」、スタジオ収録&ロケ番組の「世界の果てまでイッテQ!」「内村てらす」などなど様々な番組に携わっているスタッフが勢ぞろいしている第一制作部。

番組の作り方が違えばスタッフの個性も違うのでお互いに情報交換をし経験し合える個性豊かな環境を作りたいと思っています。

世の中に映像情報を提供している以上、常に緊張状態ではありまが、取り合えずやる事やって、そして疲れたら“ダンケン”(極東グループのマッサージ屋さん)で優しい言葉をかけてもらいながら癒してもらいましょう。

目標を持って仕事したい人!一緒に頑張りましょう。

制作本部 第一制作部 担当副部長 今泉昌子
代表作:「雷波少年」「進ぬ!電波少年」
    「香取慎吾の特上天声慎吾」
    「桑田佳祐の音楽寅さん」 など

このページのトップへ

COPYRIGHT © THE FAR-EASTERN TV ENTERTAINMENT.INC. ALL RIGHTS RESERVED.