第五制作部

第五制作部からのコメント

現在
僕の部では
ゆる~い街ブラの元祖ともいえる
さまぁ~ずさんの冠番組
【テレビ東京】「モヤモヤさまぁ~ず2」
若手芸人がわんさか集まる
【テレビ東京】 「にちようチャップリン」
嵐の二宮和也さんと毎回毎回いろんな企画を行う
【日本テレビ】 「ニノさん」をやっております。

その他 デヴィ夫人と「ダマされた大賞」をやったり
企画を通して特番をちょこまかちょこまかやっております。

そして部の方針というか僕自身としては基本くだらなくて面白い番組を作ろうじゃないかという気持ちが強く。

その為面白い企画をやるなら
面白い人たちと仕事がしたいと思い
出川さんやさまぁ~ずさんや
バナナマン日村さんやハライチ澤部さん
などなど(もっとたくさんいますが)
そんな方々と一緒にできる企画書を日々書きまくって
地上波やネットなどで放送したり、してなかったり…。

そしてなんといっても
そもそも企画っていうのは通りません。
しかし
この会社のいいところは【制作】の他にも【技術】【編集】
【車両】とウチ1社で番組が作れる強みをもっているので
他の制作会社よりも企画が通りやすかったりします(たぶん)。

よく新卒採用の面談で
「いつかは自分の考えた企画を番組にしたい」と聞きます。
もちろん自身の努力次第ではありますが
いざ企画が通った時 一人では番組は作れません。
そんな時、僕らのような会社であれば
企画が通ったらすぐに対応できる
メンバーがいるので安心です!!
最後は営業みたいな文言になってしまいましたが
テレビとは言わず映像に興味のある方ぜひ極東電視台へ!
そして第五制作部へ!

制作本部 第五制作部 担当部長 佐藤稔久
代表作:
〈NTV〉
「世界の果てまでイッテQ!」「うわっ!ダマされた大賞」
「ニノさん」「シャル・ウィ・ダンス?」 など
〈TX〉
「じわじわチャップリン」「そうだ旅(どっか)に行こう。」
「出川哲朗のリアルガチ」「ポンコツおじさん旅に出る」
「ドレミファさまぁ~ず」「東京都さまぁ~ZOO」 など
〈TBS〉
「さんまのSUPERからくりTV」 など
〈ひかりTV〉
「AKB48コント何もそこまで…」 など

佐藤稔久

今泉昌子

ALLロケ番組の「モヤモヤさまぁ~ず2」、スタジオ収録&ロケ番組の「ニノさん」「にちようチャップリン」などなど様々な番組に携わっているスタッフが揃う第五制作部。

番組の作り方が違えばスタッフの個性も違うのでお互いに情報交換をし経験し合える個性豊かな環境を作りたいと思っています。

世の中に映像情報を提供している以上、常に緊張状態ではありまが、取り合えずやる事やって、そして疲れたら“ダンケン”(極東グループのマッサージ屋さん)で優しい言葉をかけてもらいながら癒してもらいましょう。

目標を持って仕事したい人!一緒に頑張りましょう。

制作本部 第五制作部 副部長 今泉昌子
代表作:「雷波少年」「進ぬ!電波少年」
    「香取慎吾の特上天声慎吾」
    「桑田佳祐の音楽寅さん」 など

中田麻紀子

ロケしたり
絵本を読んだり。

会議したり
夕飯を作ったり。

完パケチェックしたり
子どもと公園に行ったり。

そんな感じで制作をやりながら、お母さんもしています。
「やってみて、できたら続ければいいか」と楽天的に現場に戻り
気づいたらワーキングマザー歴6年、2児の母となっていました。

社内ではバリバリ働く若いスタッフか、ベテランの頼れるスタッフが主となり私のような存在はまれな立場ですがみんなと違う事もこの業界ではお役に立てると思ってます。
こんな私を雇ってくれるこの会社はすごいです。

制作本部 第五制作部 制作一課 課長 中田麻紀子
代表作:「サバイバー」「いきなり!黄金伝説」
    「モヤモヤさまぁ〜ず2」 など

安田友里

極東電視台に入ってからはまだまだ短いですが、この業界に入ってもう17年近くなります。
そんな私でもまだまだ毎日発見があっておもしろいです。

今は若手芸人さんのネタ見せ番組を担当していて、毎日たくさんの芸人さんと関わっていて、とても楽しいです。その中の何組かわからないですが、スターになるといいなと思いつつ、微力ながら芸人さんのお手伝いができたらと思っています。

毎日違った刺激や出会いがあり、自分で楽しみながらできるのが、この仕事のいいところだなと思っています。

もうすぐ3歳のやんちゃな息子がいる働くママですが、そんな私でも働きやすい環境でとても助かっています。なので日々、仕事と育児をがんばれます。

制作本部 第五制作部 制作二課 課長 安田友里
代表作:
〈TX〉
「にちようチャップリン」「じわじわチャップリン」
〈NTV〉
「しゃべくり007」「魔女たちの22時」「おネエ☆MANS」
「くりぃむしちゅーのたりらリでイキます!!」
「金のA様×銀のB様」「24時間テレビ」 など

長谷川美典

昨年から、念願のディレクターデビューをしました。
現在入社6年目ですが、なんだかまた1年目に戻ったような、
「イチからのスタート」の毎日です。

どんなネタをチョイスすれば視聴者に響くだろう?
タレントさんに何て説明すればロケが上手く進むのだろう?
収録でカメラは何台あればいいんだろう?

ディレクターの仕事は想像していたよりも、楽チンじゃなく、
たくさん悩んでめちゃくちゃ不安になって、わからないことは先輩に相談して、成功と失敗を繰り返す毎日です。

でも、自分の思い描く物を具現化していくディレクターという仕事はものすごく、楽しいです。
本番を前にすると心臓がドキドキする緊張感があります。

一緒にドキドキしたい人、第五制作部へ!

制作本部 第五制作部 制作二課 課長 長谷川美典
代表作:
〈TX〉
「にちようチャップリン」「そうだ旅に行こう。」
〈NTV〉
「世界の果てまでイッテQ!」「うわっ!ダマされた大賞」
「出川哲朗のアイ・アム・スタディー」 など

森川千理

仕事を始めて、この業界に入って丸6年になりました。

私のキャリアはTBSから始まり、テレビ東京、NHK、日本テレビ、特番では関西テレビやフジテレビ・・多くの局で番組を作らせて頂きました。その中で感じたのは同じテレビ番組を作っている会社でも人の雰囲気も違うし、それぞれの局のカラーがあるんだな、ということ。
そして、番組単位でもそのチームの「カラー」があります。

第五制作部は極東電視台の中でも最も「カラフル」な部なんじゃないかな、と思います。
『モヤモヤさまぁ~ず2』のようなロケ番組。
『にちようチャップリン』のような芸人さんがたくさん出演するネタ番組。
『ニノさん』は毎回違う企画を扱っていて、スタジオ展開が多い。

作っている番組の内容が全く違うので、働き方も違う。
そうすると、働いてる人たちの関係性も違ってくる。

他の番組のロケや収録を手伝いに行ったり、別の番組の人と話をしたりすれば、新たな発見も多くある部なのではないかと思います。

私も五部では新参者ですが、いろんな刺激を受けて、学んでいけたらなと思います。

制作本部 第五制作部 制作三課 課長 森川千理
代表作:
〈TBS〉
「教科書にのせたい!」「所さんのニッポンの出番」
「有田ジェネレーション」
〈TX〉
「モヤモヤさまぁ~ず2」「ピカちんハンター」
〈NHK BSプレミアム〉
「カリスmama✿」
〈NTV〉
「ネプ&イモトの世界番付」「ニノさん」 など

このページのトップへ

COPYRIGHT © THE FAR-EASTERN TV ENTERTAINMENT.INC. ALL RIGHTS RESERVED.